東大阪のフリーランスウェブデザイナー、坂本典子のブログです。

Canva Caravan in 大阪でデザインの基礎についてお話してきました

写真:Canva Caravan in 大阪の様子

FacebookやTwitterでは告知をしてきましたが、先週の土曜日に「Canva Caravan in 大阪」というイベントでデザインの基礎についてお話してきましたので、報告エントリーを書いておきたいと思います。

50分という時間の中でデザイナーではないCanvaユーザーの人に向けてデザインのことを伝えるセミナー。普段自分がウェブサイトや紙媒体のデザインをする上で注意していることをまとめました。

セミナー参加者のブログ

プロが講師なのに完全無料!『Canva』の無料セミナー『CanvaCaravan』がすごい!

センス無しでもキレイなデザインを作れる幸せ、Canvaだけでデザインを完結するための便利機能5つ

当日のスライドを公開しています

今回のスライドは全部Canvaで作ってみました。 Illustratorで作った方が文字のツメが調整できたり、もっとグラフィック的に凝ったことをしたくなるのですが、「Canvaでどこまでできるか」というチャレンジも面白いなと思ったので。

Canva上でスライドは30ページまでしかできないので、前編後編とデータを2点作って、PDFを後で合成しています。 重くなったりとか捜査上特に困った点もなかったし、簡単なプレゼン資料だったら普通に使えると思います。

フォントの種類や数についての補足

Canvaで1つのテンプレートの中に使うフォントは大体3種類までとお伝えしたのですが、その中でロゴマークがある場合についての補足が足りなかったかなと思うので、追記します。

  1. オーソドックスなシンプルなフォント(ウェイトの細いもの)
  2. オーソドックスなシンプルなフォント(ウェイトが太いもの)
  3. デザインフォント

フォントはこの3点ぐらいに絞るといいですよとお伝えしたのですが、たとえば作ったデザインの中にロゴマークを配置している場合、デザインフォントはロゴに使われているフォントと似た雰囲気のものを選ぶとデザインがまとまりやすいです。

ロゴのデザインって、往々にして会社やお店の個性やコンセプトを表現しているので、クセの強いデザインフォントを使っている場合もあると思います。 何よりも一番印象に残るものは「ロゴ」でなくてはいけないぐらいに考えておいて、他の文言がフォントのせいでロゴとけんかしてしまうと、垢抜けないデザインになる可能性があります。


ロゴと似たデザインフォントを使った作例

ロゴと合わないフォントを使った作例

話す人、そして聞いてくれた方の想い

鍋坂さんのセッションでは撮影事例をたくさん紹介いただき、その1枚1枚の構図やねらいなど、「なぜ」の部分にフォーカスしたコンセプトのお話で、とても勉強になりました。

その中で私がすごく印象に残っているのが「僕がなんでこのような基礎の話をするのか」というご自身のスタンスについてのお話です。写真の大切さを伝えるための「草の根活動」という言葉を使われていて、それが自分にとってのデザインへの想いと重なる部分があり、深く共感を覚えました。

また懇親会では都心の大手制作会社から地方の小さなウェブ屋さんに転職されたデザイナーさんとお話ししたのですが、その方が「クライアントに予算がないからできませんと断ってしまうのではなく、クライアント自身で手を動かす方法もあるよと。そんな手法も伝えていける街のウェブ屋さんになりたい。」とおっしゃっていて、その想いにもすごく共感しました。

私の文章力でうまく表現できないのですが、これからも寄り添って伝える、そんな草の根活動をしていきたいと思っています。

ありがとうございました

終わってみると緊張のあまり早口になってしまったり、セッション中に画面を操作する場面で無言になっちゃったりと、スピーカーとしては反省するばかりなのですが、しゃべっている最中は「これが大事!」「これも言いたい!!」という気持ちが勝っていたためか、変なハイテンションで中々楽しかったのでした。

最後になりましたがつたないお話を聞いていただいた皆さま、鍋坂さん、機会をくださった株式会社KDDIウェブコミュニケーションズの神森さん、ありがとうございました。


リクリセミナー「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!」に参加してきました

土曜日にリクリセミナーに参加してきました。なかなかブログを書ききる時間がとれなかったのですが、1週間たっちゃう前にざっくり感想をしれっと公開します。

今回のテーマは「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!」 タイトルが長い!(笑)

サイト制作現場において、最近はいちからスクラッチの制作をするよりも、何らかのツールやCMSを使う機会が多いのですが、ツール・CMSを使うことのメリットや背景、選ぶ基準をお話いただきました。 Jimdoやa-blog cmsなど、私が普段制作に使っているツールのお話が中心だったので、機能面では「うんうん」と頷きながら聞けるものが多かったです。ただ、登壇者の方の背景とか実際にどう利用しているかのお話は、同業者として参考になることが多く、心を動かされることが多かったです。


「リクリセミナー「サイト更新ツールの最新事情!ツールを使い分けて制作者もクライアントもがっちり!」に参加してきました」の続きを読む

Shift9:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP43)に参加してきました

年の瀬も押し迫った12月26日、「Shift9」に参加してきました。「Shift9」とは、Web業界で1年間にあったことや関連技術を総まとめでおさらいできるセミナーです。今年は特にセッション内容の聞きドコロが絞られていて個人的に満足度が高く感じました。各セッションの雑感をつらつらと書き残します。

Shift9:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP43)


「Shift9:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP43)に参加してきました」の続きを読む

セミナー裏方記憶メモ

すーっかり久しぶりの更新になりますが、今回はセミナー運営のお手伝い側の視点でちょっとだけ書いてみたいと思います。
先日、フォルトゥナセミナー「Web制作者のための仕事の作り方・向き合い方 in 大阪」が開催されまして、いつものように運営スタッフをしてきました。

セミナー本体の内容も勇気の出るような内容ですごくよかったのですが、そこは参加者の方々がすばらしくブログに書いてくださっているので、そちらをお読みください。


「セミナー裏方記憶メモ」の続きを読む